multicast

   

multicast(IPv4/IPv6)サービスの概要

 一般のインターネット通信は、送信元と受信先とが1対1に対応しており、同一のコンテンツを多地点に送信する場合、同じ内容のパケットが複数送信元から発信され、回線帯域が無駄になったり、必要な帯域が確保できず、品質が影響を受ける場合があります。SINET multicastサービスは、マルチキャストグループアドレスに対して送信を行い、必要な場合にだけSINETバックボーンルータにてパケットを複製することで、一度の送信で多地点にコンテンツを届けるサービスです。これにより、アクセス回線およびSINETバックボーンの帯域を有効に活用できるという利点もあります。

利用手続き

事項流れ備考
ガイドラインの確認加入機関SINETネットワークサービスガイドライン」の下記の内容を確認
II. サービス共通ガイドライン
Ⅶ. multicastサービス利用ガイドライン
利用申請加入機関→NII様式にご記入いただき、 申請窓口()までメールでお送りください。
受付処理NII本研究所にて、審査を行います。
利用承認NII→加入機関利用サービスIDは別便で送付
利用開始
加入機関、NIIの双方で設定情報をよく確認の上、作業を行います。

申請書の一覧につきましてはこちらをご覧下さい。

multicast指定パラメータ一覧

設定パラメータ
使用プロトコル(IPv4/IPv6)

マルチキャスト送信元IPアドレス
マルチキャスト受信側IPアドレス(注1)○(あれば望ましい)
マルチキャスト利用構成図(注2)

注1) マルチキャスト受信側IPアドレスは、マルチキャストグループアドレスではなく、受信側端末に割り当てられたユニキャストアドレス(の一覧)です。利用予定のマルチキャスト通信においてこの一覧が不定の場合は記載不要ですが、記載されている場合、通信不具合等の際にSINET側の対応が迅速になる可能性があります。
注2) マルチキャスト利用構成図には、マルチキャスト通信を行う範囲の概念図(送信元のネットワーク部分については詳しく)、利用するアプリケーションの種類(遠隔講義、TV会議等)、想定使用帯域等を記載してください。

ご利用にあたっての注意事項・お問い合わせ

  • 多数の受信者に対してコンテンツを送信する機能を提供することになりますので、申請内容によってはサービスの利用が承認されない場合があります。
  • 不明点等につきましては、こちらのSINET利用推進室までお問い合わせください。
  •